ピアノ、お金、教育、仕事、日々の暮らし

2女児(小5·小1)の母。アラフォー。時短勤務中。可もなく不可もない日々の暮らしを綴る雑記ブログです。2025年末までに準富裕層に到達して専業主婦になることを目標にしています。

点検商法という言葉を知る

 

先日、訪問してきた方に、エコキュートの無料点検をお願いしたんです。

夫が。

エコキュートの中が汚れてるのでは・・・と気にしていたようで。

 

 

・・・でも結局の所、訪問販売だったんです😅

 

 


点検の仕方を、やりながら教えてくれた所まではよかったのですが、

 

無料点検が終わったら、点検してくれた会社で、エコキュートを買い替えるメリットのプレゼンが始まりました。

約2時間😑

机を借りますと言って。

 

 

エコキュート代が約25万円
・毎年の無料点検つき
・3万円以下の修理代無料
・IHも卸価格にて買い替え可

 

 

ん?そんなんで会社が成り立つの??という感じでしたが、

 

 

ここからが本当の目的でした。

 


水道水の話になり、我が家の水道水に塩素がこのくらい入っていますよと、トリジンという薬品を使って説明してくるのです。


塩素が過剰に含まれるのは、体によくないと言われ、浄水器のセールスが始まりました。

 

 

なんだ…浄水器を売りにきたのか、とここで気付きました💡

 


特許を取っているという48万円の浄水器


この浄水器は60年以上の耐用年数があり、1ヶ所に設置すれば自宅で使う全ての水が綺麗になりますと。

 

デメリットは、3年に1回浄水器フィルター交換に3万円がかかること。

 

 

どうですか?と聞かれたので、「高いですよね・・。」と言うと、

 

 

全部込みで、今から、会社と価格交渉をするといってスマホをいじっていました。

 

そして返ってきた回答が、

「工事費もエコキュートも無料点検も、3万円以内の修理費無料も浄水器全部込みで44万円にできました。」と。


本日価格です。と。

 

 

・・・会社との交渉が、自作自演っぽかった🙄


エコキュートの機種も選んでないのに、金額決まってるのおかしくない?と思っていたところ、

 


再び、「どうですか?」と聞かれたので、

 

 

夫は、「考える時間を下さい。」と言っていました。

「自分で調べても御社の商品がいいと思えたら、お願いするかもしれない。」と。

 

 

おぉー数年前の外壁リフォームの訪問販売の際にはすんなり申し込みをして、速攻でクーリングオフをした私たちですが、成長していたようです。

 


というか、訪問販売には懲りていたはずなのに、話を聞いてしまうとは…💦

 

 

営業の方が帰った後に、その会社の口コミや、エコキュートの価格、トリジンという薬品について調べました。


結果やめておこうという結論に至りました。

 

後から知りましたが、こういうのを点検商法と言うんですね。

 

 

もう訪問してきた人の話は聞かないぞ。。

 

f:id:KOKORO625225:20210705204250j:plain

 

プライバシーポリシー お問い合わせ